iPhoneアプリを子どもが勝手に使えないようにする【知っ得!虎の巻】 – ガジェット通信. ここに “機能制限” があるので選択。 表示されたアプリのスイッチをオフにすることで、ホーム画面からアプリが消えて機能しなくなる。 iOS10でプリインストールされているアプリの一部が削除可能に …

iPhoneには、対象年齢外のアプリや不適切なコンテンツの利用を制限できる機能があります。以前は「設定」アプリ→「一般」→「機能制限」から設定できましたが、iOS 12からは「コンテンツとプライバシーの制限」として「スクリーンタイム」に統合されました。 そんなときには、個別のアプリを指定して、機能制限をかけるようにしてみよう。「設定」→「一般」→「機能制限」を選択して、設定を行う(画面1~2)。 iPhoneのアイコン(アプリ)が見つからない時! iPhoneには、特定のアイコン(アプリ)を画面上に表示させない機能がついています。 機能制限できる具体的なアプリとして、Safari・カメラ・FaceTime・iTunes Store等のiPhoneのデフォルトのアプリが代表的です。 iPhoneやiPad、Androidのアプリやアイコン消えた!という時の対処法。ホーム画面から削除したアプリを戻す方法も。アプリが勝手に消える・experiaホーム画面消えた・ドロワーアイコンを削除してしまった・ドコモ,auのスマホでの対処も掲載。iPhoneやiPadのアプリのアイコンが消えた時の … iPhoneにインストールされているアプリのアイコンがなくなった経験がありますか?使いたいから、探せないなら困っています。このガイドはiPhoneのアプリが消えた場合の解決策を紹介しますので、どうぞご参考ください。 お使いのiPhoneをiOS 12へアップデートした後、「設定」>「一般」に「機能制限」の項目がなくなってしまいました。「アプリの削除」を変更するには、どうすればいいでしょうか?このガイドはiOS 12で「アプリの削除」を変更する方法を詳しくご紹介します。 先日Twitterアプリのレーティングが17+に変更された影響で、”ホーム画面からTwitterアプリが消えたユーザーが続出している件“についてお伝えしましたが、記事のコメントで「機能制限のAppが12+までしか無い」や「17+とすべてのAppを許可が表示されない」といったコメントを多数頂きました。