Windows10では変換候補の位置変更が出来ない(予測候補を表示するまでの文字数変更の手順) Windows10 付箋アプリのすべて非表示と表示; WSLでUbuntuをインストールしてみた; Windows10 付箋アプリをスマホと同期する Windows10になって、変換候補の表示位置は変更できなくなりました。試してみて、最も効果があったのは「表示されるまでの文字数」を変更することでした。 具体的には、次の手順で行います。 1. 表示されるまでの文字数を変更. 正確な時期は覚えていないのですが、2018年4月頃に行われたアップデート以降、Windows10の予測変換機能がすごく邪魔に感じるようになったので、設定を変更・無効にする方法を紹介します。 予測変換機能の設定 設定の変更は、「Microsoft IMEの詳細設定」から行います。 例えば、「よそく」と入力すると「予測」「予測変換」「予測候補」などが変換の候補が表示されます。 予測候補には「入力履歴」や「クラウド候補」を使うこともできるので、合わせて設定方法をみていきます。 imeの予測入力の使用と設定 Windows10にしてからというもの、新しい機能になじめない私です。 特になじめないのが、「予測変換ウインドウ」。 タブレットでのも使うことを想定されたものなんですが、 HP更新の際にはワードプレスのテキストエディタを利用しているのですが、PCをWindows8.1からWindows10に変更したあたりから、文字入力の際に予測変換がかぶって邪魔になり、非常に入力しづらくなってしまいました。 Windows10 April 2018 Update(1803)以降、Microsoft IMEの予測変換機能が1文字目から予測するのがデフォルトになりました。 そこで、この予測変換機能を無効にしたい!または、使いやすいように変更したい場合の設定方法を紹介します。 文字入力しているときに、予測変換が邪魔なときの対処法。 2016年4月3日.