Microsoft、モバイル版「Microsoft Edge」に広告ブロック機能「Adblock Plus」を追加 iOS版ではiPadの“Split View”をサポート. Microsoft、モバイル版「Microsoft Edge」に広告ブロック機能「Adblock Plus」を追加 iOS版ではiPadの“Split View”をサポート. Edgeアプリの広告ブロック機能をオンにして、このブログを表示させてみました。 すると驚くことに、 Googleアドセンスが表示されません! もちろん自動広告・関連コンテンツなど、全ての広告フォーマットが表示されません。 ブロックされたFlashコンテンツの実行を許可する. Microsoft Edgeが起動します。 ホームページの閲覧を制限するMicrosoft アカウントの「コンテンツの制限」をクリックします。 「Webの閲覧」の「不適切なWebサイトをブロックする」のスイッチをクリックし、「オン」にします。

そのようなコンテンツをページから読み込まないようにすることができます。しかし、広告をブロックすることで、多くの有益な機能も同じ技術を使用しているために、Web ページを面白くするアニメーションやインタラクティブな機能もブロックされる可能性があります。

DreamweaverやBrackets等のコーディングアプリでブラウザを使ったローカルチェックをするときに、Internet Explorerだと「ブロックされているコンテンツを許可」するかどうかをいちいち聞いてきて大変面倒くさいです。それを常に許可する方法を紹介します。 ① Microsoft Edgeの画面右上にある…マークをク … Microsoft Edge で、Flash コンテンツが見つからない Web サイトに移動します アドレスバーの右上に アイコンが表示されます アイコンをクリックすると、 Adobe Flash コンテンツがブロックされた ことを示すフライアウトが表示されます

コンテンツブロック機能の確認. やっとMicrosoft Edgeで広告ブロックできるようになった・・・長かったのう。 これでEdgeを使ってみようという気になるかも。 Windows10とMicrosoft Edgeがリリースされてから1年。今まで何をやっていたんでしょうかねえ? IEにあった『追跡防止』機能がEdgeには無いため、広告ブロックするにはEdge … Microsoft Edge であらゆる種類の広告をブロックするには、AdGuard 拡張機能(アドブロック)をご利用ください。ダウンロードして、迷惑な広告やポップアップなしのウェブサーフィンをお楽しみくださ … Edgeアプリの広告ブロック機能をオンにして、このブログを表示させてみました。 すると驚くことに、 Googleアドセンスが表示されません! もちろん自動広告・関連コンテンツなど、全ての広告フォーマットが表示されません。 2. コンテンツブロック機能の確認. 記事カテゴリ. Microsoft Edgeには、Flashコンテンツの再生機能が標準で搭載されていますが、Creators Updateでは信頼できないFlashコンテンツは既定でブロックされます。再生する場合はサイト内のFlashの実行を許可する必要があります。 Flash Playerを有効にする. Windows 10; 別ウインドウでログインをするWebページなど、ポップアップを一時的に許可したいときがあります。通知バーから設定しましょう。 画面解説を見る. Microsoft Edgeでは、Flashムービーや動画サイトがブロックされているために視聴できないことがあります。 視聴できない場合は、Flashコンテンツの実行を許可をすることで改善する可能性があります。 Microsoft Edgeでブロックされたポップアップを表示する方法 .

Windows 10; Windows/Office; 記事タグ.