70歳に到達した社員を会社で継続して雇用する場合、厚生年金の「被保険者資格喪失届」を提出する必要があります。また、「70歳以上被用者 該当・不該当届」も提出しましょう。 被保険者資格取得届・70歳以上被用者該当届(pdf 709kb) 被保険者資格喪失届・70歳以上被用者不該当届(pdf 1,409kb) 被保険者報酬月額算定基礎届・70歳以上被用者算定基礎届(pdf 599kb) 被保険者賞与支払届・70歳以上被用者賞与支払届(pdf 1,002kb) 歳に到達された方の 厚生年金保険被保険者喪失届 は、この用紙ではなく『70歳到達 届』を提出してください。 2 2. 社会保険未適用事業所で新たに 70 歳以上被用者該当届を提出する場合(遡及適用でない場合)は、(事件性のある場合や特に悪質な場合を除き)、届出日からの新規適用届・ 70 歳以上被用者該当届の届出という処理がされているのが一般的とは思われます。 被保険者資格喪失届 70歳以上被用者不該当届. 様式. 厚生年金保険 被保険者資格喪失届 厚生年金保険 70歳以上被用者該当届(記入例)(PDF 430KB) PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。 在職中. 「70歳以上被用者該当届」は先ほどご説明したものと同じ書類ですので、提出方法や提出場所、提出期限も同様になります。以下、「厚生年金保険被保険者資格喪失届」に関して詳しくご説明します。 「厚生年金保険被保険者資格喪失届」とは バーコード. 被保険者資格喪失届 70歳以上被用者不該当届 在職中に70歳に到達された方の 厚生年金保険被保険者喪失届 は、この用紙ではなく『70歳到達 届』を提出してください。 2 2 0 様式コード 1 健 康 保 険 厚生年金保険 厚生年金保険 様式バーコード 70. に. 様式.

健 康 保 険 厚生年金保険 厚生年金保険. 70歳以上被用者とは、厚生年金の適用事業所で正社員に近い形で働いている70歳以上の人のことです。この記事では、従業員が70歳に達した場合や、新しく70歳以上の人を雇った場合、70歳以上の役員の場合など、ケース別に70歳以上被用者該当届等の提出書類や手続方法を紹介しています。 0. もし、継続して働いている労働者が70歳を超えた場合は、「厚生年金保険70歳以上被用者該当届」、および「被保険者資格喪失届」を提出する必要があります。こちらは70歳の誕生日の前日から5日以内に、管轄の年金事務所へと提出してください。 70 歳前から引き続き代表取締役等常勤役員として働き、 70 歳以降も同様の役職・職務で在職の場合は、 70 歳になる と、「厚生年金保険 70 歳以上被用者該当届」と、厚生年金 保険被保険者資格喪失届を提出することとなります。 70 歳以降も継続して勤務していた者が退職する際は、「健康保険被保険者資格喪失届」を健康保険組合等に提出するだけでなく「厚生年金保険70 歳以上被用者不該当届」も忘れずに年金事務所へ提出します。 被扶養者が75歳に到達した場合 コード. 1. その場合、70歳の誕生日の前日が資格喪失日となり基本的に手続きは不要ですが、場合によっては「厚生年金保険被保険者喪失届・70歳以上被用者該当届(70歳到達届)」の提出が必要となる場合がありま …