洗濯槽の洗浄って皆さんどのくらいの頻度でやっていますか?私は3か月に1回、やっていました。やっていたのに、石鹸カスが大量に発生してとんでもないことになった経験があります。なぜ石鹸カスが洗濯槽にこびりついてしまったのか?その原因と対策をまとめました。 天気が悪くて、洗濯物の乾きが悪い・・・。 一人暮らしの場合はまとめて洗濯することもあり、なかなか乾いてくれないと明日着る服に困ってしまうこともありませんか? ここでは、一人暮らしで洗濯物を早く乾かす方法や部屋干しについて説明します。 (洗濯表示とは、繊維製品品質表示規程第2条第3号の「取扱い表示」のことをいいます) 消費者庁公表資料 家庭用品品質表示法に基づく繊維製品品質表示規程の改正について-衣類等の洗濯表示が変わります-(平成28年11月4日) [PDF:593KB] ついつい適当になりがちな洗濯物の干し方。しかし油断すると「汚い」と怒られてしまうかも!今回はわたしが怒られないためにやっている方法について紹介します。 洗濯物の臭いが取れない! まず生乾きの独特の使い古した雑巾みたいな臭いの正体ですが . 夫の愚痴 2020.1.7 洗濯物と格闘しているあなたへ!雨の日に外に干す方法とは?

それは 雑菌 です. 洗濯物が乾いてない! なんか生乾きで気持ち悪い! みなさんもこんな経験、一度はあるのではないでしょうか! 洗濯物がしっかり乾いていないのは気持ちの悪いものですよね。 しかも、洗濯物が乾くのに時 … 共用部分の廊下やバルコニーに洗濯機を置かなければならない場合、洗濯機の中から洗濯物を盗まれないためにカギを付けたりすることができます。女性でも簡単に出来る洗濯機にカギを付ける方法を2つ紹 … 妻が洗濯物を畳まなくて悩んでいるなら、畳まない方法で奥さんができる事から始めると良いかもしれません。 洗濯物が何で苦手なのかを聞くと、意外な理由が分かるかもしれませんね。 苦手 洗濯物と格闘しているあなたへ!雨の日に外に干す方法とは? 夜に洗濯物を干しても、虫を寄せ付けないためには、対策グッズをうまく利用するのが良いですね。 一つの方法ではなく、複数の方法を実践することでゴキブリもその他の虫の対策になります。 我が家は夜干し派なのですが、冬でも暖房で乾燥しているので、朝には洗濯物が乾いています。 そのため、服に気を使わない男子は、なんと2枚ローテどころか、服の1枚ローテが可能に! 新しい服を洗濯しようと思って、洗濯表示を確認したら、見慣れないマークが並んでいて困った経験はありませんか? ここでは、新しくなった洗濯表示の読み方をご紹介します。いくつかのポイントをおさえるだけで簡単にマスターできますよ。 服についた汚れが洗濯では取り切れていなかったり、中々乾かずに衣服に水分がいつまでも残っているとそこから雑菌が繁殖して嫌な臭いを発します

昔は手作業で時間をかけてしていたことも今の時代は家電が短時間で終わらせてくれます。洗濯も洗濯機が全部してくれます。便利な時代ですね。洗濯の間、他のことをしていて洗濯物を放置してしまったことはありませんか?実は洗濯物の放置は危険です。 洗濯物 2020.2.19 洗濯物からいい匂いがしない!その原因と対策をご紹介します 子育て 家事 2020.2.1 育児中で家事ができない?効率的に仕事を消化するコツとは! ついつい適当になりがちな洗濯物の干し方。しかし油断すると「汚い」と怒られてしまうかも!今回はわたしが怒られないためにやっている方法について紹介します。 その分水をたくさんいれないと 洗濯槽の水位が上がりません。 しかし、穴なし槽は洗濯物を入れる 洗濯槽しかないので水が外に逃げないため、 穴あり槽よりも節水できるのです。 メリット3・穴がない分強い巻き上げ水流を起こして洗える .

洗濯物が多すぎると、汚れをしっかり落としきれず、ニオイの原因にもなります。
洗濯物を畳まない妻で困っている旦那さんに伝えたい事. 洗濯物 2020.2.19 洗濯物からいい匂いがしない!その原因と対策をご紹介します 子育て 家事 2020.2.1 育児中で家事ができない?効率的に仕事を消化するコツとは! 洗濯物の干す場所が決まらないのが原因 間取りを決める上で、 洗濯物をどこで干すか によって、設備が変わってきます。 どの設備にするか迷っているうちに、もはや ランドリールームもサンルームもいらないんじゃないか?

夫の愚痴 2020.1.7

洗濯物の夜干しで、さらに洗濯物をたたまなくてよくなった. 洗濯槽を洗濯カゴ代わりにするのも、通気性が悪くなって洗濯槽の裏にカビ菌が繁殖しやすくなるため、避けましょう。 2.洗濯機に詰め込みすぎない.
欧米では主流となっているドラム式洗濯機ですが、日本では古くから縦型洗濯機が主流であったため、ドラム式洗濯機を置くスペースを確保することができない、洗濯物の出し入れ時に腰に負担が掛かるなどの理由から、あまり人気がありませんでした。