刺青(いれずみ)というと“アウトロー”のイメージがあり、近年、温泉やプールでは入場禁止になることも。また、就職や婚活の障害になることもあり賛否両論を巻き起こしたりします。では、江戸時代の刺青文化はどのようなものだったのでしょうか? 江戸時代の刑罰に 手鎖(てぐさり)の刑 というのがある。その名の文字通り、今で言うところの手錠みたいな形をした鉄の輪っかを両手首に、はめられるのである。しかし、別に、その手鎖をされたあとに牢屋にぶちこまれることはなかった。その手鎖をされたま 明治初期に日本を訪れたアメリカ人・グリフィスの手記にこんな一幕があります。「品川にさしかかる前、道路横の田んぼの畦にほんの少し盛り上った草の生えている小さな空き地がある。見ると高さ6フィートの晒し台に人間の首が2つ晒してあるではないか」。 江戸時代の死刑(処刑)制度… 人間がここまで残酷になれることにゾッとする… 江戸時代の死刑(処刑)制度. 江戸時代には死罪や磔などの処刑は一般の人々に公開されたため、 大勢の見物人が見届けていました。 当時はこうしたものを見ることも 江戸時代の刑罰は非常にややこしく専門家でない限りわかりにくい。時代考証を充分なされたはずの池波さんですら作中では追放刑に期限が定められている間違いを犯すほど複雑である。 江戸時代の刑罰は、大きく分けて、「死刑」「追放刑」さらに身体を傷めつける「身体刑」などに分けられます。 その中で、命を絶つ「死刑」について書いてみます。 江戸時代の庶民に対する死刑は6種類 … 伝馬町牢屋敷は単に留置所、拘置所というわけではなく、取調べ、自供を得るために拷問、奉行所で刑が確定すれば執行をする恐ろしいところ。今とは違い、自供を最大の証拠にしていた江戸時代。それはそれはヒドイ拷問が行われたようで、やっていなくても虚偽の自白をしてしまうほど。 放火犯は火あぶり 「死刑は梟首・刎首・絞殺に限る」・・・こんな御触れが出たのが明治元年11月の事。それ以前、つまり江戸時代には火あぶりの刑や磔の刑が普通に行われていたという事です。 主に罰金・禁固刑・刑務所での懲役刑・死刑(絞首刑のみ)があります。 江戸時代の刑罰は身分によって異なったり、遠島などの追放刑があったり、 死刑の種類がさまざまあったりしました。ここでは、死刑の種類に注目します。 罪人を藁や薪で作った柱に括りつけて火あぶりにする刑です。 これは公開刑で、多くの人の目に触れながら火あぶりにされます。 まぁ、江戸時代で放火というと 多くの関係ない人を巻き込みますし、火を止める為に家も壊しますからね…