この4か国の住宅の大きな特徴は、冬の寒さの厳しさと日照時間の少なさへのアプローチからきています。 冬の寒さや雪を凌ぎ、国によっては極夜も訪れるため出来るだけ光を取り込む。 ヨーロッパ住宅は、日本住宅に比べて窓が少なく小さいことが特徴です。これは冬の厳しい寒さを快適に過ごすため、密閉性を高めて部屋全体を暖めるという考えで設計されています。 ヨーロッパ風の建築10選 レンガ造りの壁やノスタルジックな色合いの屋根を持つヨーロッパ建築。誰もが一度は憧れるのではないでしょうか。地震が多い日本ですが、建築技術の素晴らしい進歩によってかなり本格的なヨーロッパ風建築の邸宅も増えてきています。 ヨーロッパの住宅は外観だけでなく、中まで見てみると、さらに日本の住宅とは異なる点が色々と見つかり面白いです。今回は日本人が見たら違和感や新鮮味を感じるようなヨーロッパ住宅の特徴を紹介したいと思います。 北欧とは? 北欧住宅の特徴や日本の住宅との違いなどをご紹介。北欧住宅の特徴は、シンプルでモダンな外観、断熱性や気密性に優れた高い機能性、木の温もりが心地良い内観。冬の暖かさは勿論のこと、夏も外気の熱風を取り込み難く、快適に過ごす事ができるのも北欧住宅の良いところです。