毎年きれいな花を咲かせ楽しませてくれる椿は、春を知らせてくれる日本の代表銘花ですね。椿の花をたくさん咲かせる育て方を知っていますか?今回は、そんな椿の育て方はもちろん、花言葉や由来、鉢植えの育て方、増やし方をまとめました。椿の品種要チェックしてくださいね。 椿は、種から育てることができることをご存知でしょうか。育て方は、育てる人によって様々な方法がありますが、発根させることができれば、あとはそう難しい工程はありません。 種の色は成熟していると黒くなっています。 春に種まきを行う場合は、収穫した種を湿った川砂をタッパーなどに入れて冷蔵庫で保管します。赤玉土を馴らして種の大きさの3倍になる穴を作って種を撒いていきましょう。 椿(ツバキ)の増やし方 種から育てる椿の育て方は? 植物の実生は なかなか難しいとされています。 しかし、種を蒔き育てると 親木とは異なった花を咲かせる可能性が高い ので、 育てている方もいらっしゃいます。 ツバキ(椿・つばき)の植物図鑑・育て方紹介ページです。ここでは基本情報のほか、水やりや病害虫、選び方、増やし方、肥料や用土などの詳しい育て方などを紹介します。 椿(ツバキ)の育て方!苗植えの時期と方法は? 椿は種と苗から育てることができます。ただ、椿を種から育てると親木と違う花を咲かせることが多く、ほぼ市販されていないことから、苗から育てる方が … ツバキの育て方 チャドクガが発生する。チャドクガが嫌なら植えないこと。 庭植えでも2年以内の株は水をやる。 庭植えは2月、鉢植えは開花後に肥料をやる。 管理場所は乾燥しない場所。日光を好むが乾燥に弱い。夏は西日が当たらず、冬は寒風が通らない場所。