年金見込額の試算 お客様ご自身でさまざまな条件を設定いただくことで、将来受け取る老齢年金の見込額を試算できます。 また、「かんたん試算」は、現在と同じ条件で、60歳まで年金制度に加入し続けるという条件を自動設定して、素早く見込額を試算することもできます。

年金機能強化法により2017年8月1日から国民年金の受給資格期間が、25年間(300ヶ月)の支払いから10年間(120ヶ月)に引き下げられました。 今までは保険料を25年間納めていなければ「年金受給額が無年金(0円)」でしたが、10年間の納付をするだけで年金をもらえるようになったのです。 追納できるのは、過去10年以内の年金保険料です。免除や猶予を受けた期間から3年以上経っていると、当時の保険料に加えて経過期間に応じた「加算額」も必要になる可能性があります。追納するならできるだけ早めの方がいいでしょう。 3 月 31 日までに追納する場合の保険料額 〔月額〕 ・免除などを受けた期間の翌年度から数えて3年度目以降に追納する場合は、当時の保険料額に一定の加算額が. 厚生年金の受給額は「加入期間」および「加入期間中の平均給与」で決まります。ただ、厚生年金の年金額は「加入期間のみ」で決まる国民年金に比べて計算式が複雑。簡単な厚生年金受給額の早見表・試算表を作ってみました。 上乗せされます。なお、上記 部分の保険料には、一定の加算額が含まれています。 会社勤めとなると、ほぼ強制的に、というか知らない間に払っている厚生年金保険料。 給料明細を見ると、厚生年金保険料ってかなり引かれていてるものの1つですが、将来しっかりと受給額となって返ってくるとは思いつつ、はて、支給年齢(65歳)から返ってくるといってもどの位なんだろう? 年金見込額の試算 お客様ご自身でさまざまな条件を設定いただくことで、将来受け取る老齢年金の見込額を試算できます。 また、「かんたん試算」は、現在と同じ条件で、60歳まで年金制度に加入し続けるという条件を自動設定して、素早く見込額を試算することもできます。 国民年金の保険料は全額免除、4分の3免除、半額免除、4分の1免除、学生納付特例などがありますが、これらは追納した方が結果的にお得になる可能性が高いです。ただし、ある条件の時だけは追納してもしなくてもどちらでも良いという判断になりました。