大阪平野の地形と特色 縄文時代前期には、大阪平野は内海の一部でした。その後、淀川や大和川のたびかさなる氾濫により、土砂が堆積され、低地が形成されました。 大川への流水量を調節する洗堰、および淀川と大川の水位差を調整して舟運の 便を図る閘門が毛馬に設けられた。また、1907年から22年まで行われた内務省 と大阪府による淀川下流改修工事では、旧淀川筋や安治川などを対象に、舟運 大川 洪水リスク表示図をご覧になる方へ【基本事項】 (1) 作成主体 大阪府岸和田土木事務所(2) 作成年月日 平成23年10月7日(3) 対象とな 大阪府大阪市東淀川区西淡路5丁目 三国 淀川 神崎川 1.95 ↑ 3.00 3.80 4.85 5.00 大阪府大阪市淀川区新高5丁目 柴谷検潮所 淀川 木津川 1.91 ↓ - - - - 大阪府大阪市住之江区柴谷1丁目 高浜 全国の河川の危険度や水位を地図とグラフで提供。国土交通省や気象庁、自治体から発表される各観測所の水位と洪水予報の発表状況をお知らせします。降雨の様子や、避難情報、気象警報にも注意し、危険を感じた場合には、すぐに避難所への避難など身の安全を図る行動をとってください。 大阪平野の地形と特色 縄文時代前期には、大阪平野は内海の一部でした。その後、淀川や大和川のたびかさなる氾濫により、土砂が堆積され、低地が形成されました。 最後に、大阪市内のほうをご紹介しましょう。大阪都心部では淀川周辺は全て浸水深5メートル以内となっています。淀川全体から見て、危険度が特に高いというわけではありません。とはいっても、都心部での被害は予想ができません。要注意です。 大阪府では、「今後の治水対策の進め方(平成22年6月)」に基づき、人命を守ることを最優先に、様々な降雨により想定される河川の氾濫や浸水の可能性を府民にわかりやすく提示することを目指してい … 大阪市では、河川管理者等(近畿地方整備局、大阪府、大阪市)によって大雨が降った場合や南海トラフの地震による津波が発生した場合の浸水が想定されています。 想定されている水害は、河川氾濫、内水氾濫、津波の3種類があります。 ・ 河川の氾濫 大川 都島橋: 145.0m 26.0m 桁橋 1956年 都島通: 大川 JR大阪環状線 淀川橋梁 大川 源八橋: 201.20m 14~17.5m 桁橋 1936年 大川 桜宮橋(銀橋) 187.8m 22m アーチ橋 1930年 国道1号: 大川 川崎橋(歩行者専用) 129.15m 3.0m 斜張橋 1978年 大川 新天満橋 1970年 天満橋筋跨道橋 これを受けて、大阪市は、河川氾濫における避難情報を発令する対象区域の見直しを行う予定です。 浸水想定図(見直し後) 浸水想定図(大阪府管理河川見直し後)(PDF形式, 1.35MB) 最後に、大阪市内のほうをご紹介しましょう。大阪都心部では淀川周辺は全て浸水深5メートル以内となっています。淀川全体から見て、危険度が特に高いというわけではありません。とはいっても、都心部での被害は予想ができません。要注意です。 大阪市史編纂所編 『大阪市の歴史』、大阪: 創元社、1999年4月20日。 isbn 978-4-422-20138-2。; 大阪歴史博物館 特集展示『大阪を襲った淀川大洪水』パンフレット; 外部リンク. 参考文献.