南海トラフのような海溝型地震は「強い揺れが長く続き震度が小さくても液状化が発生しやすい」という特徴があります。震源域に面した東海地方(愛知、岐阜、三重、静岡)は地震対策が急がれる地域のひとつです(2018年9月改訂版/初出:2013年6月) 名古屋市が公開しているハザードマップをもとに、災害が少ないエリアを探してみました。大地震では震度5強以上ゆれ、名古屋の西部は液状化しやすいです。大雨やゲリラ豪雨で名古屋はよく浸水します。 洪水ハザードマップ 内水ハザードマップ 水害マップ 地震マップ・予想される震度 地震マップ・予想される液状化発生の危険度 あいちbcpモデル(中小企業向け事業継続計画策定マニュアル) pdf形式でダウンロードできます。 5 稲沢市防災マップ 「4 稲沢市防災マップ」のデータ及び「稲沢市洪水ハザードマップ」を用いて作成した「防災マップ」をリニューアルしました。 以下からダウンロードしてご覧いただくことができます。 表面「揺れやすさマップ」 稲沢市全域 (pdf 6.2mb) 避難所・日頃の備え|北名古屋市.

愛知県 北名古屋市 高田寺 の地盤のデータ、地震発生確率です。地盤種類は後背湿地。揺れやすさ(表層地盤増幅率)は2.24。液状化しやすい地盤。震度5弱以上の地震が94%の確率で発生。

弥富市では平成28年度に市民の方々と行ったワークショップをもとに弥富市津波避難計画を策定しました。平成29年度はその津波避難計画を元に学区ごとの「津波避難計画ガイド」と「津波ハザードマップ」を作成し、平成30年3月に全戸配布いたしました。 さいたま市土砂災害ハザードマップについて さいたま市地震防災マップ 平成25年度さいたま市被害想定調査(平成26年3月策定)より想定される地震として、さいたま市直下地震、東京湾北部地震、関東平野北西縁断層帯地震 の3つがあげられます。