切迫早産の入院は、医学的治療が必要な出産とみなされます。そのため、健康保険の適用対象となるケースが存在します。一方で病院や医師の判断により例外もありますので健康保険が使えるかは逐一確認をしておきましょう。このまとめではそれら切迫早産と保険の関係について紹介します。 「コープ共済で切迫早産は十分保障されるの?」「切迫早産時に給付金はいくら受け取れるの?」という方向けの記事です。この記事ではコープ共済の切迫早産保障に関して、どのようなケースが保障対象になるのか。給付金はいくら支払われるのかを説明します。 切迫早産の診断法は? 切迫早産の治療法は? 入院が必要な場合って? 切迫早産って保険がきく? 入院費用は? 切迫早産は自宅で安静を! 便秘になったときいきんでもいい? 切迫早産の予防法は? 切迫早産で退院したあとは、どう過ごせばいい? 妊娠すると、帝王切開や切迫早産など、入院・手術のリスクが上がります。 帝王切開は全体の約20%という統計もあります。 「妊娠したから医療保険に入りたい」と思っても、ほとんどの保険会社の医療保険では、妊婦は医療保険に入れません。 医療保険は先ほどお伝えした通り、帝王切開や切迫早産など特定の出産状態に対して入院給付金と手術給付金が支払われる保険のことです。 医療保険には数年~10年程度の期間で更新される「定期保険」と一生涯続く「終身保険」の2種類があります。 切迫早産で長期入院になってしまった方、費用がどれだけかかるか不安ではありませんか?本記事では71日間の入院を経験した私が、実際の費用や医療保険についてのリアルな体験談を紹介しています。高額療養費制度など、知っておきたい制度も合わせて紹介しているので、ぜひチェック! 順調にお腹で育っている赤ちゃんを早産してしまいそうになる切迫流産。早産をとめる為に、入院して治療を行う場合、その費用は医療保険で賄えるのでしょうか。妊娠、出産では適用とならない医療保険ですが、切迫早産の場合はどうなるのか、知っておくようにしましょう。