恐らく、60年代後半の生デニム501のオンス数は、12.5オンス前後ではないかと推定しています。 ヴィンテージリーバイスのデニムのオンス数の推定に関しては、もう少し詳しく、検討、考察した記事を投稿する予定です。 501・501-0117(66~68年) 同じ501・501でもロットナンバーの後に0117の番号入り。 01は501専用デニムを表し、17は色番号を表している。 501(big-e)a-type(67~69年)

LEVI’S® VINTAGE CLOTHING(リーバイスビンテージクロージング)は、 過去の貴重なロットナンバーを忠実に再現して作られた復刻コレクションです。 代表的な501シリーズをはじめ、made in the USAシリーズなど、 時代を超えてタイムレスに使えるアイテムに仕上げられています。 米国製501は、93年頃に内側の取り扱い説明タグや内側のリベットの色など細かい使用の変更がありました。(後で詳しく紹介します。)本記事では、92年製と96年製の米国製501シュリンクトゥフィットを比較してみます。
★ リーバイス 501 ビッグe ★made in usa1960年代~levi's 501 big-e。赤タブは残念ながら欠損、、、ウエストシングル vステッチ 赤耳 トップボタン裏8刻印 足長r チェーンステッチ・・・小さめサイズではありますが色残りある、この 501・501(66~68年) ロットナンバー上にxxの文字が消えた。 小さな501の文字が入る。通称 501・501モデル. 501xxは、ヴィンテージ・リーバイスを代表するモデルです。人気も高く、名前も良く知られています。501xxの特徴とモデル・年代の判定の参考となるディテールとモデル判定例を紹介します。
1960年代後半の501のモデルは、最終501xx、ダブルネーム、タイプ物、ビッグeの4種類に分けて呼ぶことが一般的です。このモデル名の区分けは、パッチ表記によるものです。60年代後半の501の主要ディテールとモデルの関連性について焦点を当てて紹介します。