ズボンや上着の着衣を促す自助具 「クリップ&プル」はイギリスの医師と看護師が開発した更衣用自助具です。股関節・膝関節が曲げにくい方の下着やズボンの着衣や、片手でのジッパー・ボタンを留める動作を容易にします。 作業療法士が作成した自助具は使いにくい 当院の作業療法士が,当院で作成した自助具の使用状況を調査した結果ですが,約34%に不都合があると回答があり,その第一の理由が形態上の問題,つまりデザインが悪いため使用されていないという結果でした。 使い方 手のひら側のポケットにスプーンやフォーク、歯ブラ.シなどの柄を差し込んで保持します。 対象 頸髄損傷で把持が困難な方、関節リウマチによる疼痛で握力が弱い方など。

ここでは環境別の更衣動作方法の紹介と更衣動作のための自助具の紹介を行います。 Ⅰ.衣類について 1.注意点 頸髄損傷者は上肢機能の著しい低下により、服をつかむことや肘を伸ばすことが ★点眼薬を目元まで届けるための自助具です。 ★自分で目薬をさすのが困難な方への手助けとして、身近にある割り箸と消しゴムで作れます。 ★目薬の直径に合わせて作ることができます。
」という問い合わせがあります。自助具が壊れたり、失くしたりした時 には、皆さんがそれぞれの地域で自助具を入手できることを目的に、このハンドブ ックを作成しました。 皆さんが自助具とともに一日でも長く、できるだけ自分のことは自分で行いなが ブラシ部分には、自助具の入浴・洗体ブラシには珍しい豚毛が採用されています。ブラシ部分の中心部には鉄心が通っているために、ブラシが体の部分にあたった時に、力がほとんど逃げないので、少ない力で体を洗うことが出来ます。 リーチャーは万能棒! 病気になって動作が制限されたり、車いす生活になったりすると、身の回りのちょっとした動作が 不便 になる。 そんなときに重宝されるのが「 リーチャー 」という自助具。 市販品は3000円程度で買えて、作りはとても単純だ。 <調理道具> 手指への負担を軽くするトング、L型の包丁、桐材などの軽いまな板など調理道具を工夫する他に、軽い鍋や食器、リーチャーや自助具を使用すると良いでしょう。 お盆で配膳することが難かしい場合は、キャスターつきのワゴンなどで運ぶことも考えられます。 自助具自助具の選び方、用のための基礎知識 3 自助具の活用事例 リウマチのaさん リウマチにより手先に痛みを感じるようになり、動かすのが苦 痛になってきたaさん。福祉機器展で自助具の製作ボラン … <調理道具> 手指への負担を軽くするトング、L型の包丁、桐材などの軽いまな板など調理道具を工夫する他に、軽い鍋や食器、リーチャーや自助具を使用すると良いでしょう。 お盆で配膳することが難かしい場合は、キャスターつきのワゴンなどで運ぶことも考えられます。 自助具で紙パックオープナー、「パッ君」というのがあり、リウマチの人はこれを利用されている方も多いと聞きます。ペーパーナイフのような形をした自助具です。 福祉用具のショップ、ホームセンター、インターネット販売などで購入可能です。 作業療法士にとって自助具を患者さんに勧めることも大きな役割になってくる。どんな自助具があるか知っておくことで臨床現場で役に立つし、患者さんにとっての手助けになってくるはず。お勧めの自助具を紹介するので、良かったら参考にしてみてね!