日本のホテルの朝食は、7時~10時(早いところは9時)の時間で提供されますが、フランスは、7時30分~11時頃です。 日本では、早朝から朝食をとるお客さんを見かけますが、フランスでは10時前後が混み合う気がします。

この記事では、パリのホテルでおすすめの朝食をご紹介します。「花の都」と言われ、世界的にも人気の観光地であるパリ。日本からは、直行便を利用して約12時間でのアクセスで時間がかかるにもかかわらず、定番の人気海外旅行先の一つになっています。 今回は、ホテルの朝食で使えるフランス語を集めてみました。フランスのパンとバターはとても美味しく、「これだけあれば幸せ」という方もたくさんいらっしゃいます。普段は朝食を摂らない習慣の方も、旅行中は是非とも朝食の時間を楽しんでいただきたいと思います。 無料朝食付きホテル フランス: トリップアドバイザーで無料朝食付きホテルのフランスに関する27,202件の口コミ情報、旅行者の投稿写真、ホテルランキング等をご覧ください. フランスの朝食といえば、クロワッサンとカフェオレのイメージです。 実際は何を食べているのでしょうか? フランス人の朝食は甘いものを食べる . フランスでは子供の頃から朝ごはんは甘いものを食べるというのが決まっているようです。 フランスでは街中に数多くのパン屋さんが軒を連ねています。フランス人の食卓に欠かせないパンは、特に朝食ではクロワッサンやバゲット、ムイエットなどが定番メニュー。おいしいパン屋さんやカフェが見つかると、きっと忘れられない旅になるでしょう。 ドイツ人は基本朝食を自宅で取る人が大半を占めるため、カフェなどの開店時間もイタリアやフランスに比べてずっと遅くなっています。ホテルに宿泊する場合には朝食付きで予約することをおすすめしま …