フランス語のアルファベット(アルファべ)の読み方は発音のルールを覚えてしまえば簡単とも。でも初心者にとってはその発音ルールをどう覚えるか?が問題ですよね。実際にどうやって覚えるか? 効果的なフランス語の発音トレーニング方法をお探しの方もおら ※ フランス語 " e " の読み方. フランス語の発音って難しいですよね。でも、正しい発音をしないとフランス人は聞き取ってくれないことがよくあります。だから、フランス語の発音を正確にすることはとても大切です。発音をフランス語らしくするためにはトレーニングが必要です。 ここではフランス語で「嬉しい」や「幸せ」な気持ちが伝わるフレーズについて、日本語の翻訳、発音の音声、カタカナでの読み方を含めて解説し、紹介をしていきます。 以下の場合は [e] 又は [ɛ] の発音になります。 1) é,è,ê のアクセント記号が付いている場合 café[カフェ], après[アプれ], fenêtre[フネートる] 2)1音節で子音で終わっている場合 フランス語を学び始めたばかり、という方のために、英語とフランス語の発音の大きな違いを5つのポイントにまとめました。これを知っておくと、最初のショックが少ないと思います。フランス語にしかない音、フランス語には二重母音がない話、つづり字記号の説明など。 フランス語のアルファベット:読み方(発音)とおしゃれな単語の例付きでご覧ください。 フランス語のa,b,c(アルファベット)発音及び読み方付き - 翻訳会社 ビヨンド・ビジネス・ジャパン

フランス語の音節 a à âのいずれかを含む韻母をもつ音節の数は筆者が作成した音節表のカウントによれば276である。 e i o u(それぞれアクセント記号付きを含む)のいずれかを含む韻母をもつ音節の数がそれぞれ約280あると仮定すれば、全体の音節数は、約280の5倍である約1400と推定される。