また、平成13年6月以降のバキュームセンサー付きef-seエンジンは、初期化・学習の方法が変更になっている。 従来の方法を行うと、工場出荷モードになってしまう。 ちなみに、平成13年6月以降の学習と工場出荷モードを元に戻す操作とは次のとおりである。

両方とも 解決 しましたので 無事納車となりました。 ダイハツ EFエンジン車 にお乗りの方 経緯シフトレバーをバックに入れたときにアイドリング回転数が一時低下していた。またときどき回転数が低下することがあった。ネットで調べるとiscvが原因であると判断した。iscvを外さないで洗浄する方法インタークーラーを外してこの部分にkure ef-seエンジンのefiシステムはスロットル開度を基準に吸入空気量を検出しているので、スロットル開度には高い精度が求められます。 efiシステムの初期学習(ef-se) 下の1番目の画像が今回iscv修理を行ったダイハツムーブです。 ここでISCVについて簡単に説明していきたいと思います。 ISCVはアイドリング時の吸入空気の量を調節するもので、これに不具合ができるとアイドリング不良などの原因になります。 ダイハツ ミラのECU初期化&再学習に関するMirallyeの整備手帳です。自動車情報は日本最大級の自動車SNS「みんカラ」へ! ダイハツ ミラのecu初期化と再学習に関する新ヤマさんの整備手帳です。自動車情報は日本最大級の自動車sns「みんカラ」へ! ISCVを交換しなくても大丈夫ですよ。 通常使用でのカーボン 蓄積 と オイル吸入による 汚れ 。 二つの 原因 が重なり このような状態になりましたが. 3)初期学習後の確認作業 1、5~10分間 暖気運転を行いアイドル回転数が基準値になることを確認する 基準値 850~1000rpm 2、上記基準値を外れている場合以下の手順でISCVの補正学習を行う こんにちは今回はダイハツムーブのエンジン回転不調の修理事例を紹介します。年式H15年6月 型式UA-L150S EF-VEエンジン 走行距離102,000kmエンジンをかけると、いつもより回転が高く、しばらくするとハンチングするという症状ちなみにハンチン...,車の整備のことを、「わかりやすく」「 …