1 タンニンはコーヒーの苦み成分; 2 コーヒーに含まれているタンニンで貧血や便秘になる?. 食事中は、水やタンニン量が少ない麦茶、ほうじ茶がお勧めです。食後のお茶にコーヒーや緑茶を飲むなら、20分以上時間を空けると鉄分と結びつきにくくなります。 コーヒーのタンニンは、深煎りするほど少なくなります。 3.1 タンニンが持つ収れん作用は美白効果をもたらす これらはせっかく食事で鉄を摂っても、意味が無いことになってしまうので、食事の際はタンニンがなるべく少ない「麦茶」「ほうじ茶」をおすすめします。 コーヒーを毎日飲むと歯が黄ばんでくると言われていますが、それはコーヒーのタンニンが一つの原因になっていると言われています。 タンニンはカルシウムや鉄など金属イオンと結びつきやすい性質を持っており、そのために歯に付着しやすいのです。 2.1 タンニンは鉄分の吸収を妨げ、貧血をおこす; 2.2 タンニンを摂り過ぎると便秘になる?; 3 コーヒーのタンニンは美容や健康にも効果がある. コーヒーはなるべく強い味の、イタリアンやアイス用ものを使います。コーヒー豆をフィルターパックにいれ、水のポットで色がでるまでお好みで5−8時間置いてください。 3. カフェイン、タンニン含有量の少ないものを選ぶ 目次. 番茶はカフェインが少ない日本茶なので冷え性でも安心して飲めるようです。しかし、カテキンが多いためタンニンには気をつけないといけません。冷え性で番茶を飲むなら注意が必要です。 カフェイン・タンニンの多い飲み物は? となると、このカフェインとタンニンを含む飲み物は 鉄分不足のときは避けるべき、ということになります。 カフェインを多く含む飲み物としては、 ・コーヒー ・お茶(麦茶などカフェインを含まないものもある) コーヒー ワイン ビール などが挙げられます。 タンニンの少ないお茶を飲みましょう. 麦茶には全くタンニンが含まれていないというわけではありませんが、コーヒー・緑茶・紅茶と比較するとはるかに少ないです。 具体的な数値で表すと、100ml中のタンニンの含有量は、コーヒー:70mg、緑茶:70mg、紅茶:100mg、麦茶:10mgです。