ディテールを拝見! トライアンフのモダンクラシックシリーズの中で、ベーシックモデルと位置付けられる2台が、初のモデルチェンジを敢行。基本的な素性は従来型を引き継いでいるものの、堅実な熟成が行われた'19年型ストリートツインとストリートスクランブラーは、大幅なレベルアップを実現していた。 2012年8月9日 八王子から白川郷をめざしてツーリング。 相棒はトライアンフスクランブラー。 んでも、動画は伊那から国道360号の途中までです。 トライアンフ モーターサイクルズ ジャパンは12月15日より2019年モデルの『ストリートツイン』と『ストリートスクランブラー』の販売を開始。2車の最も大きな変更点は、10馬力(18%)のパワーアップと、それに見合うブレーキ&サスペンションのグレードアップ。 オフロードを強く意識しつつも、ストリートライドにもぴったりなscr950。シンプルで明快なルックスは、どこへでも行ける雰囲気と乗り手のファッションにもマッチする。106万560円. 正統派スクランブラ―の スタイルを現代に再現. トライアンフ スクランブラー マットカーキグリーンが納車されて1年が経った。 トライアンフ スクランブラーが納車された! 色んな所に連れて行ってくれたスクランブラー。 乗り始めて1年経ったのでついにオフロード走行を解禁だ! 2016年11月に開催されたeicma(ミラノショー)において、水冷ボンネビルシリーズの最新モデルとして発表されたのが「ストリートスクランブラー」であ …