2、オクラの産毛をとる.

オクラは日持ちがそれほどよくはありません。冷蔵庫の野菜室で保存しても3~4日ほどしか保存できません。しかしながら茹でてから冷凍保存しておけば長期間の保存も可能です。ちなみに生のままでの冷凍保存はできません。 オクラは夏が旬の野菜で、サラダや和え物にしたり、きざんで薬味として利用します。そんなオクラですが今回はおいしいオクラ、鮮度のいいオクラの見分け方、選び方について詳しく見ていきます。 オクラはアフリカ原産の野菜なので、低温下で保存すると低温障害を起こしてしまいます。オクラの保存の最適温度は7~10℃です。保存するなら冷蔵室ではなく冷蔵庫の野菜室がいいでしょう。 最適湿度は90~95%です。 粘りのある食感が魅力の「オクラ」ですが、生の状態は固いので、なかなか生のままでは食べる機会が無いと思いますが、生の状態でも食べることが出来るのでしょうか?また、他の食材とも非常に相性の良い食材なので、生で食べたい場合の下ごしらえの方法はどの

オクラは固そうに見えますが、実は生でも食べられるんです。きちんと下処理をすれば、歯ごたえと独特なねばりを味わうことができますよ。ほかの食材ともとっても相性のいいオクラ。簡単な下処理方法のコツや、生での食べ方をご紹介します! 産毛は動画のように生のオクラを塩もみすると簡単に取れます。 産毛取りで使った塩は茹でる時にもそのまま使えるので、洗い流す必要はありません。 塩もみする前、あらかじめオクラの表面を洗っておくといいでしょう。